避妊薬として知られているピルの代名詞的存在のトリキュラーですが、避妊以外にも得られる嬉しい効果があることをご存知でしたか?そんなトリキュラーの知られざる部分を徹底解明していきたいと思います。

トリキュラーを紹介する女性

ピルの代名詞・トリキュラーの避妊以外の効力

トリキュラーといえば、女性が避妊をする際に飲む薬であると認識している人は多いでしょう。実際に、トリキュラーは日本で製造・販売されているピルとしては非常に高い人気があり、多くの女性が手にしています。しかし、トリキュラーは避妊以外の目的でも用いることができる医薬品でもあります。トリキュラーをはじめとするピルは、ホルモンバランスを変化させ、月経が起こる周期を調節することによって避妊を試みる医薬品です。そのため、トリキュラーを服用することによって、ホルモンバランスを改善させる効果や、生理に関するトラブルを解消する効果が期待できます。実際に、月経困難症や月経前症候群、子宮内膜症、生理不順などによる諸症状で悩む女性が婦人科を受診すると、治療薬としてトリキュラーが処方されるケースがしばしばあります。また、ニキビや体毛が気になる場合、その原因がホルモンバランスの乱れであることがはっきりしていれば、トリキュラーを用いることで改善できる可能性があります。一方、ピルの一番重要な作用である排卵抑制作用においては、卵巣がんや卵巣嚢腫などといった卵巣で生じる疾病の予防効果も期待できます。卵巣の排卵によるダメージはほとんどがすぐに修復されますが、この損傷と修復のプロセスが多く繰り返されることは卵巣嚢腫や卵巣がんのリスクを高めます。トリキュラーを長期にわたって服用するとそれだけ排卵の回数が減少するため、卵巣が損傷しにくくなり、疾病にかかる可能性を低くすることができます。トリキュラーは避妊だけでなく、女性特有の様々な疾病に対して治療や予防の効果があります。ただし、トリキュラーには血栓症をはじめとする副作用のリスクも存在するため、長期間服用を継続しようと考えているのであれば、服用することによって生じるリスクもよく考えた上で決めるようにしましょう。